紫外線 首ニキビ

紫外線を浴びる職業は高齢になってからが大変!?

外に出て働く人々は汗が湯水のように出る地獄のような暑さの中でも、まるで冷凍庫に閉じ込められて
いるかのようなすべてが凍り付いてしまう寒い冬でも、関係ありません。
私はそれを見るたびに尊敬の念を抱くことが多いのですが、そのような大変な職業の人には
後々危惧しなければならない人体への影響を考える必要があるとも思っています。

 

外でのお仕事は紫外線の影響をデスクワークの人々よりも多大に受けています。これは一日単位で
見ればまったく影響のないレベルと言えますが、数年単位で継続した場合には大きな差が生まれて
くるのです。
紫外線を肌に浴び続けると皮膚の中のメラニン色素は紫外線からは肌を守ろうと大量に体内で生成
されます。メラニンが紫外線を吸収すると色が黒くなるのですが、これがつまりは日焼けですね。

 

やがて肌の細胞が生まれかわり、色黒となった肌は垢として流れていくのですが、年齢を重ねる
ほどこの肌の細胞が生まれ変わる速度が低下していきます。
この現象をターンオーバーと呼ぶのですが、このターンオーバーが遅くなってしまうと、メラニンが
皮膚の中で埋まってしまい、これが俗にいうシミと呼ばれるものになってしまうのです。
現在でそのようなシミの症状が出ていない人でも年をとってからシミとして肌の表面に出てしまう人
は屋内で仕事をする人よりも屋外での仕事がメインの人の方でに出やすいといえるでしょう。

 

さらに首は紫外線を一番吸収しやすい部分ですのでしっかり対策をしないと首ニキビ
できてしまいます。

 

また紫外線の影響は他にもあり、紫外線の影響によって、ニキビや吹き出物を発生させるケースもあります。
外で作業しなければならないお仕事であれば、日々の紫外線ケアが大切だといえます。